米沢牛は美味しく高級な牛肉ブランド

米沢牛と聞いて、知らない人はいないでしょうというくらい、牛肉のブランドとしては高級で飛び切り美味しい牛肉として有名ですよね。

米沢牛は、松阪牛、神戸牛、近江牛と合わせて日本の四大和牛とも言われています。

米沢牛というのは、置賜地方といって、山形県米沢市を始め、南陽市、長井市、高畠町、川西町、小国町、白鷹町、飯豊町の三つの市と、五つの町で肥育された黒毛和牛で、更に定められた基準を満たした牛のことを言います。

米沢牛のブランド肉としての基準というのは、米沢牛銘柄推進協議会にて以下の様に定められています。

①先に紹介しました三市五町の置賜地方に飼育者が居住していること

②米沢牛銘柄推進協議会から認定を受けていること

③飼育される場所は、協会に登録してある牛舎であること

④その牛舎で18ヶ月以上の期間飼育された牛であること

⑤米沢牛である肉牛の種類は、去勢牛もしくは未経産メス牛でいずれも黒毛和牛であること

⑥以下の牛肉であること

•米沢牛枝肉市場に上場されたもの

•東京食肉中央卸売市場に上場されたもの

•米沢市食肉センターで屠畜、社団法人日本食肉格付協会の格付けを受けた枝肉

•研究会や共励会、共進会(米沢銘柄推進協議会長が認めた)に地区を代表して出品したもの

⑦生後32ヶ月以上であること

⑧外観並びに肉質及び脂質が社団法人日本格付協会で定める3等級以上であること

⑨山形県の放射性物質全頭検査で放射性物質が不検出であること

おすすめリンク⇒米沢牛の黄木